Houdini Engine 最新FAQ

2014年4月22日

Cinema 4DおよびMayaに対する Houdini Engineプラグインの製品計画を発表、FAQを更新しました。

Unity | Building Generator アセット

2014年5月8日

このビデオは、ビル生成アセットの使用法についてについて紹介します。このアセットは、カスタムカーブを入力としたり、窓テクスチャを編集するなど、さまざまなパラメータを使って手早くビル一つを作成するのを可能にします。

Unity | Augmented Reality Apps

2014年3月17日

iOSおよびアンドロイド端末でHoudiniの稼動可能なHoudini AR アプリを発表しました。

Unity | Advanced Intancing

2014年2月19日

このビデオでは、Unity 向け Houdini Engine の新しいオプションである Advanced Instancing について紹介します。ここで紹介している Evergreen Asset (常緑樹アセット) はリンクよりダウンロード可能で、これにより新しいインスタンス ツールを試しながら、以前に紹介したトラックビルダやカーブデコレータなどと組み合わせることが可能です。このレッスンでは、同じベースアセットによって構成されたコミック調のゲームが、よりリアルなゲームへと発展する過程を紹介しています。

Maya | Copy Asset

2014年2月14日

Copy アセットは、Houdini Engineを使ってオブジェクトをサーフェスの上に散布するのに使います。Maya で生成したジオメトリを使い、オブジェクトを何ピースコピーするか、どのように配置するかなどを決定することが出来ます。このレッスンでは、HoudiniまたはHoudini Apprenticeで、既存のコピーツールを使って、コピーアセットをどのように作成するかを習得します。

Maya | 新プロダクションビルド
2014年2月6日

Mayaプラグインへの更新を含む、Houdini 13の新しいプロダクションビルド [13.0.314] が公開されました。

Unity | 新プロダクションビルド

2014年2月6日

Unityプラグインへの更新を含む、Houdini 13の新しいプロダクションビルド [13.0.314] が公開されました。

Unity プラグイン クイックスタート

Side Effects Softwareは、Houdini Engineのパブリックプレビュー用実験的プラグインの即時リリースを発表しました。このプラグインは、HoudiniのテクノロジとUnityエディタとの深い統合を実現するもので、試用期間中、CGアーティストの方々に自由にご利用頂くことが可能です。

Houdini Engineにアクセスするためには、Houdini プロダクションビルドの最新版、または無料体験版である Houdini Apprentice をダウンロードし、実験的プラグインをHoudiniソフトウェア本体と共にインストールしてください。HoudiniまたはApprenticeで作成されたHoudini デジタルアセットは、Unity に Houdini Engineプラグインを通じてロードすることが可能です。また、デジタルアセットのライブラリである Orbolt Smart 3D Asset Store はUnityで使えるアセットを拡充中です。

こちらからインストール紹介ビデオと最初のアセットをUnityにどのように持っていくかを学習することが出来ます。

Maya プラグイン クイックスタート

Side Effects Softwareは、Houdini Engineのパブリックプレビュー用実験的プラグインの即時リリースを発表しました。このプラグインは、HoudiniのテクノロジとAutodesk Mayaとの深い統合を実現するもので、試用期間中、CGアーティストの方々に自由にご利用頂くことが可能です。

Houdini Engineにアクセスするためには、Houdini プロダクションビルドの最新版、または無料体験版である Houdini Apprentice をダウンロードし、実験的プラグインをHoudiniソフトウェア本体と共にインストールしてください。HoudiniまたはApprenticeで作成されたHoudini デジタルアセットは、Maya に Houdini Engineプラグインを通じてロードすることが可能です。また、デジタルアセットのライブラリである Orbolt Smart 3D Asset Store はMayaで使えるアセットを拡充中です。

こちらからインストール紹介ビデオと最初のアセットをMayaにどのように持っていくかを学習することが出来ます。

Houdini Engine のよくある質問と答え(FAQ)

Houdini Engine と、そのAutodesk Maya 及び Unity 向けのプラグインを最初に発表して以来、この新しいテクノロジに関してコミュニティ から多くの質問をいただきました。 ライセンス問題からEngineがどのように動作するかという質問まで、このFAQにまとめて記載しました。

皆様の熱意に感謝し、またプラグインが出来るだけ早くお手元に届くことを心待ちにしております。

Game Arts in Unity

先日発表されたHoudini Engineは、Houdiniの技術を幅広いデジタルコンテンツ制作ツールとの深い統合を可能にしますが、同時にUnity ゲームエンジンへのプラグインも発表されました。以下のプレゼンテーションでは、Houdini デジタルアセットを作成、Unity内部でHoudini Engineを使うことで、レベル制作工程をいかに効率化できるかを紹介しています。

このプロセスでは、低解像度による「セットアップ」モード、ここでレベルデザイナーはレベルのモックアップを手早く作り上げ、それからテストを行い、高解像度モデルを使用した「ゲームプレー」モードに移行できます。このシステムには、プロシージャルに生成された環境、組み込みのランタイムスクリプト、Allegorithmic Substanceのスマートテクスチャが含まれています。

アセットの制作には、ディテールに富んだ試遊可能なゲームレベルの制作を数時間で可能にするためのビルドツールを作り上げるのに、2.5人のアーティストが数ヶ月かかっています。ゲーム内のアートに対する要求が高まる中、Houdini EngineをUnityに組み込み、プロシージャル方法を使う方法は強力な製作体制を支援します。

Houdini Engine の紹介