grey_bar.jpg

エンタテーメント産業において、独立系アニメータやゲーム制作者の存在は不可欠なものです。Houdini Indieを導入することにより、包括的なプロシージャツールおよびアセットにアクセスすることができます。

独立系アニメータやゲーム製作者が、事業化を目指すインキュベーション段階においてHoudiniを必要とする場合、Houdini Indieを導入すれば、Houdiniのアニメーションおよびビジュアルエフェクトの全ツールを制限付き商用ライセンスで利用できます。

indie_crest.png
indie_button.png indie_engine_button.png
key_features.png

制限付き商用ライセンス
Houdini Indieの商用目的での使用は次の条件に制限されます:
  • 年間粗利益が $100,000 (約1千万日本円) 以下の企業・営利団体および契約事業体
  • 企業・営利団体および契約事業体による Houdini Indie 購入可能最大数は 3 ライセンスまで
  • 商用版の Houdini と同じパイプラインにおける Houdini Indie 使用は不可
  • シーンおよびアセットの保存は Houdini Indie 独自のファイルフォーマットのみ
  • アニメーションのレンダリングは最大 1920x1080 まで

これらの制限事項の詳細はEULA (エンドユーザー使用許諾契約書) を参照してください。

 

Houdini Indieでは、Houdiniで利用できるモデリング、アニメーション、キャラクタリギング、ライティング、レンダリング、コンポジティングなどの全機能を搭載しています。

Houdini Indieには、Houdini FXで利用できるPyro FX、流体、RBD、有限要素、パーティクルなどを同梱しています。

Houdini Indie は物理学に基づいた Houdini Mantra レンダラを搭載しています。限定付き商用目的の使用制限に加え、アニメーションのレンダリングは 1920x1080 に限定されます。アーティストは Houdini Indie から HQueue によって Amazon EC2 Cloud 上のレンダーファームにアクセスすることもできます。

Houdini Indieは、FBX の入出力、Alembic の入出力など、幅広いファイルフォーマットをサポートしています。これらのフォーマットには、同じ制限付き商用ライセンスが適用され、Houdini Indieでのみ使用できます。

 

Houdini IndieおよびHoudini Engine IndieはHQueueジョブ管理システムを搭載しており、これを分散レンダリングおよびシミュレーションに使用できます。Houdini IndieおよびHoudini Engine Indieは、マシンの設定時に使用するMantraトークンをそれぞれ同梱しています。最大6台のマシン (Houdini Indies 3台、Houdini Engine Indies 3台) までセットアップが可能で、小規模ファームを手早く設置できます。

 

Houdini Indieライセンスを使用すれば、Houdini Indieをバッチモードで実行したり、Autodesk® Maya®Cinema 4D3DS Max® などのデジタルコンテンツ作成アプリケーションやUnity®Unreal® などのゲームエディタにHoudiniデジタルアセットをロードしたりすることができます。HoudiniデジタルアセットはOrbolt Smart 3D Assetストアから入手可能で、またHoudini Indieを使用して作成して他のアーティストと共有することができます。

 

Houdini Engine Indieは、他のマシンが他のアプリケーション内部でHoudini Engineを実行したり、分散レンダリングおよびシミュレーションの生成をバッチモードで実行したりする時に使用するスタンドアロンライセンスです。Houdini Engine Indieには独自のMantraトークンを同梱しています。

無償

WORKSTATION