title_whatsnew_box.jpg

 

Houdini 15 は、モデリング、レンダリング、そしてアニメーション ツールを強化し、一般ユーザのみならず、アニメーター、ライティングアーティスト、ゲーム制作者、さらに VFX アーティストのニーズに対応します。その VFX ツールの高速化と処理の大容量化を実現しつつ、Houdini がパイプラインのより大きな役割を果たすことを可能にしています。





モデリング

Houdini 15 により、モデル制作者は、ツィーク編集ワークフローやエッジスライディング、PolyBridge や PolyExtrude、PolyExpand 2D などの新しいツールを用いて、より効率的に作業をすることが可能になりました。高解像度モデルを扱う作業では、低解像度から高解像度のジオメトリを構築可能な新しい再リトポロジ (Retopology) ツールを提供しています。

これらの改善は、特にゲーム アーティストが Unity や Unreal 等のゲーム編集作業で用いるプロシージャル ツールを構築するのに役立ちます。特に PolyExpand2D ツールはゲーム モデリングを考慮して開発されました。


レンダリング

Houdini 15 のレンダリングは、シェーダ構築、マテリアル オーバーライド、 RenderMan 20 のサポートなどにより、さらなる高速化と質感向上を実現しています。シェーダ構築は、特に、新シェーダ ライブラリ、Shader FX によるメニュー再構築、マテリアルのレイヤ化、そしてトゥーンシェーダ等が強化されています。

マテリアルスタイルシートで実作業に即したワークフローを構築し、マテリアルオーバーライドの作成と管理が行えます。テクスチャのランダム化やマテリアルの設定に差分を加えることで、群集エージェントのように類似したアイテムの集合体に、別々の見た目を簡単に設定することが可能です。


アニメーション

Houdini 15 では、オニオン スキニング、ポーズライブラリ パネルとドープシートの改良により、これまで以上に優れたアニメーション ワークフローを実現しています。これにより Houdini でのキャラクタのポーズやキーフレームがより簡単に行えます。

新しい男性及び女性の基本リグは、Houdini のアニメーションツールへの理解を深めるのに効果的なキャラクタのサンプルです。 それぞれ、デジタルアセットとして構成されており、キャラクタ選択パネルとポーズライブラリに対応しています。 リギングアーティストはアセットを開いてネットワークを探求することで、Houdini でのリグ方法の学習が可能です。


群集

Ragdoll ダイナミクスが Houdini 15 の群集ツールに追加され、腕や脚の切断オプション、ファジーロジックの搭載、群集ビヘイビアの向上が図られています。マテリアルやジオメトリのバリエーション設定がより簡単に行え、新たに追加されたツールにより、目的地を明確に設定することができます。

エージェント カメラを通して群集エージェントの視点からの視野を確認でき、ビジュアライザをタグして群集エージェントの状態とプロパティを改良された検査機能により確認できます。


VFX

Houdini 15 は、VFX アーティストの生産性を向上させ、より大規模でよりダイナミックなエフェクトの作成を可能にします。新適応型 PBD により、衝突に関連するパーティクルのみに限定した粒子シミュレーションを可能にします。Lava (溶岩) 、 Melt Object (溶融オブジェクト) 、 Emit Steam (蒸気) など、新たに追加された粘性流体ツールにより、そのまま実戦投入可能なツールが追加されています。

流体シミュレーションや PBD シミュレーションは、ファーム上の複数ノードで分散処理が可能になり、大規模演算結果の作成、管理が可能になりました。この分散型シミュレーションにより、アーティストは 1 台のコンピュータの性能を超えた作業が行え、レンダリング時には継ぎ目の無いレンダリング結果を得ることが可能です。


ゲーム制作

Houdini 15 では、ゲーム制作者を意識した機能追加が数多く行われています。PolyExtrude や PolyBridge、PolyExpand 2D のような新しいモデリング ツールから、UV編集や新しい Retopo ツールの強化まで、Houdini 15 ではゲーム アートの構築をより容易にします。テクスチャ ベイク処理や接線空間法線マップのサポートは特に重要な改良点です。

Unreal や Unity への Houdini Engine プラグインを利用するゲーム制作者にとって、新しいシンクライアント(thin client) の対応や全体的な改良により、お使いのゲームエディタ内での Houdini デジタル アセットの構築作業がより簡単になります。