Houdini VFX セミナー 2016 東京

日本での Houdini 使用事例を、株式会社ポリゴンピクチュアズ秋山様、東映アニメーション様、株式会社トランジスタスタジオ 平井 様に紹介いただき、また太田様によるVEX/Python の小冊子の紹介、また Houdini の開発者の一人でシニア・マスマティシャン (上級数学者) の Jeff Lait により、シミュレーションの分散処理と VEX の事例(上のムービー)を紹介いたします。

参加者にはもれなく「Houdini実践ハンドブックWrangle×Python」を進呈。

>> Houdini 製品情報はこちら

日時: 2016年3月24日(木) 13:30 ~ 18:00 予定

会場:
在日カナダ大使館 B2シアター
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38 TEL:03-5412-6200
http://www.canadanet.or.jp/offices/tokyomap.shtml
(地下鉄 銀座線、半蔵門線、都営大江戸線 青山一丁目駅より徒歩5分)

入場無料(定員: 200名)

主催: Side Effects Software Inc.

共催:

  • 株式会社インディゾーン
  • 在日カナダ大使館 商務部

プログラム概要

  1. Houdini による分散シミュレーション: Jeff Lait
  2. Houdini ユーザ講演: 「海難1890」+「正解するカド」におけるHoudini活用事例: 東映アニメーション様
  3. 休憩
  4. Houdini実践ハンドブックWrangle×Python の紹介: 太田 隆介様
  5. Houdini ユーザ講演: 株式会社トランジスタスタジオ 平井 豊和様
  6. Houdini VEX 201 Capillary growth: Jeff Lait
  7. Houdini ユーザ講演: 「プロシージャルアニメーションを用いたエフェクト作成 と Houdiniを活かすパイプラインとその効果」株式会社ポリゴン・ピクチュアズ 秋山 知広様
プログラムは予告なく変更になることがございます。ご了承ください。

ゲストスピーカー

Jeff Lait | Senior Mathematician@SideFX
Jeff は、Side Effects のシニア・マスマティシャン (上級数学者) で、過去15年にわたりジオメトリオペレータから流体シミュレーションまで幅広い分野で開発を行ってきました。また最近出版された Multithreading for Visual Effects の共同著者の一人でもあります。仕事以外でもプロシージャルへの興味は絶えることなくビデオゲームにも及び、Rogue のようなビデオゲームを開発、その中で最も有名なものは POWDER というゲームです。
鎌田匡晃 (かまだまさあき) 様 | 東映アニメーション株式会社
東映アニメーションにて実写、フルCG、アニメなどジャンルを問わず様々な作品に参加。「海難1890」ではVFXディレクターを担当。
北川茂臣 (きたがわしげおみ) 様 | 東映アニメーション株式会社
フリーランスのHoudiniエフェクトアーティストとして活動中。「海難1890」では海に関わるのショット、アセット制作を担当。3DCG Tipsサイト「No More Retake」管理人。
野口光一 (のぐちこういち) 様 | 東映アニメーション株式会社
VFXスーパーバイザーとして『ロボサン』『海難1890』などを担当。そしてプロデュース作品として『楽園追放』と、最新作としてTVアニメ『正解するカド』を準備中。
太田 隆介 (おおたりゅうすけ) 様
京都生まれ。工業高等専門学校(電子制御工学科)卒業後、放送技術会社に入社し、データ放送の制作業務に従事する。プライベートでは、同人誌即売会に参加。サークル「魔法の蒸留水」名義で「Houdini実践ハンドブックWrangle×Python」等のテクニカル本を発行する。
平井 豊和 (ひらいとよかず) 様 | 株式会社トランジスタスタジオ
東京都北区出身。法政大学の在学中にプログラミングの勉学に励む一方でコンピュータグラフィックスに興味を抱く。卒業後には単身で中国無錫市へ渡りS3D(立体視映像)の専門家として技術指導にあたる傍らで Houdini 特有の柔軟性や汎用性の高さに惹かれ、自らHoudiniの習得に没頭する。 現在は株式会社トランジスタ・スタジオでテクニカルディレクター兼エフェクトアーティストとして勤める一方で、デジタルハリウッドや東京デザイナー学院でHoudiniの講師に従事し、今年2月に発売された書籍「Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト」を執筆するなど多方面で活躍を見せる。 遺伝的アルゴリズムによる機械学習の実装や落ち物パズルゲームの映像化など、Houdiniの特性を活かした独創的な個人制作映像作品も公開している。
秋山 知広 (あきやまともひろ) 様 | 株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
2006年よりFXグループリーダーとしてチームを束ねながら、エフェクトスーパーバイザーとして多くの映画、TV、ゲーム映像などの案件に関わる。代表作は「ストリートファイター4」、「攻殻機動隊2.0」、「TRONライジング」など。 最新作の映画「亜人」では、形状が常に変化し続ける特殊なキャラクター「IBM」のアセット開発と、Houdiniパイプライン開発を担当。

3/22 (火) 午後12:00 で申込を締め切らせていただきます。