トロント: 2016年5月19日 - SideFX は、 Houdini 15.5 のリリースを発表しました。 Houdini 15.5 はモデラーワークフローの改善がなされ、高度な群集制御機能や業界標準フォーマットのレンダリングに対応する新しい VR レンズカメラを搭載しています。

 

トロント: 2016年5月19日 - SideFX は、 Houdini 15.5 のリリースを発表しました。 Houdini 15.5 はモデラーワークフローの改善がなされ、高度な群集制御機能や業界標準フォーマットのレンダリングに対応する新しい VR レンズカメラを搭載しています。

「 Houdini 15.5 は、 Houdini の既存および新規ユーザー双方のお客様に、作品制作に刺激を与えるような素晴らしい機能を提供するものです。メジャーリリースのスケジュールを大幅に上回るスピードで、広範な機能開発が行えたため、通常のポイントリリースをはるかにしのぐ多くの新機能が搭載されています。」 – SideFX 社 製品開発バイスプレジデント Cristin Barghiel

PolyBevel や PolySplit 、 Dissolve などのモデリングツールは徹底的に修正され、主要機能の追加とモデラーエクスペリエンスの最適化が図られました。 Retopo ツールには、 splitting (分割) 、 straightening (直線化) 、 edge loop (エッジループ) 、brush (ブラシ) などのツールが追加され、ポイントの配置やリラックスが行えます。ポイントの編集を行う際にご使用いただける straighten 、 distribute points 、 make circle などのオプションも新たに追加されました。

「ゲーム制作にフォーカスした製品は、もはや Houdini Engine だけではありません。 Triplanar (3方向平面) UV プロジェクションや Curvature の UV ベイク処理、 UV パッキングの効率化などの追加機能の搭載により、プロシージャル生成された多数の高度なプロップコンテンツのベイク処理もますます高速化しています。 Side Effects 社は我々ユーザーからのフィードバックを受けて Dissolve SOP の全面的に改良し、その成果は驚くべきものです。新規および既存のツールの機能向上を一貫して推し進める姿勢は、本当に素晴らしいと思います。」 – Machinegames 社 シニアアーティスト Magnus Larsson 氏

群集ツールについては、先進的なロコモーション制御、足の正確な接地と地形順応、高度な群集移動などの機能が搭載されました。新しい Mocap Biped 3 にはモーションクリップの豊富なライブラリが装備されており、多様なオプションからモーションを選択することができます。群集ツールは、他のアプリケーションとのより緊密な統合を実現するエージェントとしての FBX のダイレクトインポートや、よりスムースなワークフロー、改変 / 簡易化されたシェルフツールをサポートしています。

「新しい群集ソルバは非常にパワフルで、そのスピードには目をみはるものがあります。 Side Effects 社は、群集システムを扱うアーティストの意を非常によく汲み取り、複雑なシミュレーションも扱えながら、カスタマイズも容易に行える包括的なツールセットを開発してくれました。 15.5 に新たに追加されたフットロック (foot locking) 装置や進化した地形順応機能などは、それだけを取ってみても、非常にエキサイティングで楽しい機能です。本当に気に入っています !」 – Cutting Edge Post 社 CG スーパーバイザー Louis Dunlevy tadalafil bupropion

新しい VR カメラは VR レンズシェーダをベースに開発され、 VR 画像をレンダリングして Latlong 球面投影や 6 面展開あるいは 3x2 のキューブマップを形成することができます。このカメラは左右のカメラ (目) の間隔と回転軸までの距離を調整することができ、 Houdini に搭載された Mantra レンダラーでレンダリングが行えます。

HOUDINI 15.5 新機能

モデリング

  • 新しい PolyBevel SOP
  • 新しい PolySplit SOP
  • 新しい Dissolve SOP
  • TopoBuild ツール (第 2 フェーズ)
  • PolyExpand2D に可変幅オフセット追加
  • ダブルクリックによるエッジループ選択
  • ダブルクリックによるポイントおよびプリミティブのアイランド選択

Crowds

  • 進化した移動制御機能
  • FBX ファイルをエージェントへ直接インポート
  • 変形する群集エージェントの頂点法線のサポート
  • 新しい Agent CHOP
  • 新しい Terrain Adaptation SOP
  • 群集操縦ビヘイビアの改善
  • 正確な足面接地
  • モーションクリップライブラリを搭載した Mocap Biped 3

UVs

  • Triplanar (3方向平面) UV プロジェクション VOP
  • Curvature が UV Bake をサポート
  • UV アイランドのレイアウトを効率的にパッキング

ライティングとレンダリング

  • Houdini Indie でサードパーティレンダリングに対応 [15.5 リリース時は RenderMan、Arnold、Octane に対応、次いで Redshift (ベータ)と V-Ray (開発中) に対応予定]
  • 新しい VR レンズシェーダをもとに構築された VR カメラ
  • OpenGL ROP に DOF と Motion Blur を追加
  • オーバースキャンレンダリングをサポート、および crop ウィンドウを修正
  • OpenGL ディスプレイスメントマッピングのビューポート表示
  • SOHO ROP に『Render to Disk in Background』ボタンを追加
  • Mantra でフォトントレースの制御が可能

ユーザエクスペリエンス

  • ビューポートの Euler tumbling が改善
  • 強化された 3D ハンドル
  • ファイル選択機能の強化
  • ジオメトリスナップの改善
  • パラメータスプレッドシートで複数行、あるいは複数列のペーストが可能
  • ヘルプシステムの強化

キャラクタ

  • 『Delta Mush』デフォメーションをサポート
  • Dopesheet での複数重複選択が可能
  • ヘアおよびファー用グルーミングツールの強化

パフォーマンス

  • VEX 機能の読み込み速度の向上とメモリ使用の効率化
  • 大規模なジオメトリの保存速度が向上
  • HQueue パフォーマンスの最適化

ボリューム

  • OpenVDB 3.1

相互運用性

  • 多数の Alembic 機能強化

価格

Houdini 15.5 は SideFX.com より即時ダウンロードが可能で、 Houdini ベースは 25万円 (税別) から、 Houdini FX は56万5千円 (税別) からご購入いただけます。これらの価格には、プロダクションレベルのサポートを提供する年間アップグレードプラン (AUP) の初年度料金と、デイリービルドへのアクセス、ドットリリース (アップグレード) が含まれます。詳細な価格表はこちら

Houdini Indie には新たにサードパーティ製レンダリングオプションが追加され、年間価格 199 米ドルでのご購入が可能です。 Indie は、年間収入が 10 万米ドル未満 (およそ1千万円) のアニメーターやゲーム開発者に、手頃な価格で Houdini の本格的な機能をご使用いただくことを目的とした製品です (注: Indie は、 Houdini 商用版と同一パイプラインでご使用いただくことはできません。 Houdini Indie は独自のファイル形式でシーンやデジタルアセットを保存し、アニメーションのレンダリング解像度は 1920x1080 に制限されています) 。

Houdini について

Houdini 製品群は、かつてないレベルのパワーと柔軟性、業界で高い評価を受けているプロシージャル・テクノロジに基づいた操作性をデジタル・アーティストに提供します。包括的な機能セットには、モデリング、テクスチャリング、リギング、アニメーション、パーティクルエフェクト、物理シミュレーション、群集ダイナミクス、ライティング、統合レンダリング、コンポジティングなどが含まれます。 Houdini の全アプリケーションはシームレスに連携し、 Mac OS X 、 Linux 、 cialis Windows の各オペレーティングシステムで使用が可能です。

Houdini は、ピクサー・アニメーション・スタジオ、ブリザード・エンターテイメント、ブルースカイ・スタジオ、デジタル・ドメイン、ダブル・ネガティブ、エレクトロニック・アーツ、フレームストア、ゲリラゲームズ、ソニー・ピクチャーズ・イメージワークスなど、数多くの最先端デジタルコンテンツ制作現場で使用されています。また、『マッドマックス 怒りのデスロード』、『アベンジャージ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『ベイマックス』、『ブック・オブ・ライフ~マノロの数奇な冒険』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『マン・オブ・スティール』、『パシフィック・リム』、『ハリー・ポッター』シリーズ、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作、『マトリックス』三部作などの大ヒット映画や、『Sunset Overdrive』、『SSX』、『Killzone Shadow Fall』、『inFAMOUS: Second Son』、『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』などのビデオゲームの見事なデジタルアニメーションの制作に使用されています。

Side Effects Software 社について

1987 年に設立された Side Effects Software 社は、映画、 CM 、ビデオゲームなどの制作に使用される高度な 3D アニメーションや特殊効果用ソフトウェア開発において、世界的に確固たる地位を築き上げています。 Side Effects Software 社は、映画芸術科学アカデミーによる科学技術賞を過去に 3 度受賞しています。