ビジュアルエフェクト

VFXアーティストは、極めてリアルなエフェクトの生成と並行し、ディレクタの芸術的ビジョンを実現することを常に求められます。Houdiniは、現象の背景にある科学的根拠を探求する開発過程と、デザインやショットのルックに重点的に取り組む創作過程の両方を支援します。Houdiniの高性能なパーティクル、及びダイナミックシミュレーションツールは、扱いやすいノードベースのワークフローを使って、プロダクションの最終工程に至るまで繰り返し修正作業が行え、ディレクタの指示変更にも素早く対応することができます。

Houdiniは、ジオメトリ、アニメーション、シミュレーション、レンダリングの全てを統合し、リアルなVFXを最大限に実現することが可能です。VFXが映像制作のあらゆる領域において主要な要素になってきている状況において、Houdiniのプロシージャルワークフローは、素のままですぐに使うことができ、FBXなどのデータ交換フォーマットを介して既存のソフトウェアソリューションと効果的に連携するツールセットを提供します。またHoudiniの開発キットや広範なPythonサポートにより、パイプライン深部にHoudiniを組み込むこともできます。映画、テレビ番組のVFX、あるいはハイエンドのテレビCMなどあらゆる分野で、Houdiniは従来では考えられなかった方法でデータフローの制御を支援します。

 

ルールに基づいたパーティクル

一般的にVFXは、パーティクルシミュレーションに見られるような自然で有機的な動きを示すものです。Houdiniのルールに基づいたパーティクルは、パラメータの微調整やプロシージャルノードへのエクスプレッションの追加に合わせ、信頼できるフィードバックループを実行します。そのため、制作プロセスを通して一貫した管理が可能なシミュレーションを、より簡単に作成することができます。

パーティクルエフェクトを構築する際、Houdiniが根底にある変換行列を操作するので、アーティストはモーションの質に重点的に取り組むことができ、その後プロシージャル制御によってエフェクトへの演出が行えます。シミュレーション終了後に、さらにポイントを制御して二次的エフェクトを追加したり、ディレクタからの土壇場のフィードバックに対応して微調整を加えたりすることもできます。

 

大爆発の生成

ビデオゲームやテレビ番組が高解像度になり、映画が興行成績を競う現状では、より大きくより爆発的なビジュアルエフェクトへの期待が存在します。クライアントは観る者にインパクトを与えるエフェクトを望んでおり、すなわち、アーティストはより厳しい時間的制限のもとで、より多くのショットを生成しなければなりません。Houdiniのプロシージャルなアプローチは、そうした期待に応えるべく設計されたVFXパイプラインを提供し、制作時間の短縮化を実現します。

高精度リジッドボディツールから炎や煙を生成する新しいPyro FXツールに至るまで、Houdiniのノードベースのワークフローにより、さまざまなツールを用いて非常に精細な作業が行え、特有のフォトリアルなシミュレーションの作成が可能です。他のVFXアプリケーションに見られるプッシュボタンコントロールをはるかに凌ぐ、優れた連結性と操作性を実現し、他に差をつける傑出したエフェクトを作り出すことができます。

 

粉塵や瓦礫の生成

多くのVFXショットには、さらなるリアリズムをもたらすための二次的エフェクトが不可欠です。粉塵や瓦礫などのこうした二次的エフェクトは、大抵の場合、主たるエフェクトまたはヒーローエフェクトと極めて密接な関係を持ち、あらゆる部分で相乗効果を生み出すことが重要です。Houdiniにより、こうしたシステムの実用プロトタイプをプロダクションの初期段階で作成し、拡大して多様なショットに簡単に適用させることができます。

Houdiniのプロシージャルなワークフローを用いて、ヒーローエフェクトによって生成されるフォースや影響するデータを、二次的エフェクトに確実に適用させることが簡単に行えます。これにより、制作期間ぎりぎりまでヒーローエフェクトの微調整や修正が行え、二次的エフェクトは自動的に更新されます。

 

内部構造の探求

Houdiniのアニメーションやシミュレーションツールに、ブラックボックスは存在しません。プロシージャルなノードネットワークによりダイナミックシミュレーションのあらゆる側面に修正を加えることが可能です。どんなリジッドボディオブジェクトでも、全く別のものに置き換えてしまうことができてしまいます。Houdiniを使用することで、シミュレーションを完成させるためにあらゆる調整が行え、オブジェクトの相互貫入のような難しい問題も解決することができます。

Houdiniは、アーティストやテクニカルディレクタが作業をインタラクティブに進め、作業効率の向上が図れると同時に、既存のソリューションやカスタムコードの基盤としての活用が可能です。Houdiniのユーザインターフェースを利用して既存のソリューションを統合し、さらに、開発キットを使って独自のソリューションをHoudiniに追加することができます。既存のコードはHoudiniのノードベースシステムの内部ですぐにプロシージャルに機能し、他のノードとインタラクションが行えます。

 

エフェクトライブラリの拡充

ビジュアルエフェクトは、さまざまなショットやプロジェクトで繰り返し使用されます。Houdiniのノードとネットワークは独特な効果を生みだすことができるうえ、異なる場面での再利用が可能なため、非常に有効です。単純にパラメータを調整したりノードを繋ぎなおしたりすることで、既存のエフェクトを作り直し、まったく新しいルックを生成することができます。

こうしたネットワークは、その後、あらゆるプロダクションに最適なHoudiniデジタルアセットへの変換が可能です。オリジナルのエフェクトで使用されたあらゆるノードはこのアセットに維持され、これをネットワーク内で調整することで、新たなエフェクトを容易に生成することができます。シーンは集中した一箇所からアセットを参照し、アセット定義が変更された場合は自動的に更新されるように設定することができます。

 

VFX制作におけるHoudiniの活用法を知っていただくために:

VFX制作におけるHoudiniのプロシージャル手法の利点をお試しいただくためには、評価や学習、実際のプロジェクト開発にHoudiniのパーソナルツールをご使用いただくか、Side Effects (info-jp@sidefx.com) にお問い合わせください。お客様のニーズをお聞きしたうえで、オンラインデモンストレーションをご提供することも可能です。Houdiniはさまざまなかたちでの作業支援が行えます。私たちは、お客様が日々の作業においてさらなる生産性の向上を図るためのお手伝いをいたします。